×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大腸がん 初期症状

大腸がんの初期症状は無自覚

大腸がんは初期症状がほとんど自覚症状のないまま進行するがんです。がんはゆっくりと進行していきますので、症状を気付くのはある程度、病気が進行してからの場合が多いようです。

初期症状で一番わかりやすいのは、便に血が混じっているという症状です。しかし、少量の血が混じっているくらいでは、肛門が切れたのかな?くらいにしか思わない方も多いでしょう。

大腸がんは大腸の粘膜にできたがんと便がこすれるために、便に血がまじるのです。便に血が混じっている場合は見逃さずに、病院に行くのをお勧めします。

大腸がんでは出血以外にも、便に異常が見られる場合もあります。排便時に鈍痛があったり、定期的に出なかったり、排便の後に残便感が残ったり、下痢が続いたり、便の形が細くなったりと症状がでます。

どれも普段の生活で、たまにあることなので異常を見逃してしま場合も多いですが、頭の中に入れて自分の便の異常を感じたら大腸がんかも?と疑ってみてください。

大腸がんの初期症状は、便でわかる場合が多いのです。大腸がんの前兆を見逃さないように気をつけましょう。検査の際も便の採血検査をします。

便の異常以外の初期症状と治療

大腸がんの初期症状には、便の以上の他にも微熱が続いたり、貧血になったり突然痩せてくる、胸やけがする、などの症状が表れます。このような症状が出た場合は大腸がんである可能性があるので、病院で診断されることをお勧めします。大腸がんの治療は、早期の段階なら内視鏡的治療でがんを取り除きます。

内視鏡を使って切除する方法と外科手術によって切除する方法です。大腸がんは早期がんなら100%治るといわれています。早期発見するためにも、初期症状を見逃さないこと、定期的な健診を受けることが大切になってきますね。

転移した後でも早期なら、完治することができますので、早い段階での治療が大切になります。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?